特プロSANの大爆発ブログ

特撮番組の感想や特撮玩具の紹介・レビューなど ブログの8割が特撮の話題!...の予定

2020年11月

開設直後の為、現在試行錯誤中です。デザインが大幅に変わる可能性がありますがご了承ください。

魔進戦隊キラメイジャー エピソード33(第33話) 感想

魔進戦隊キラメイジャー エピソード33(第33話) 「巨獣パニック大激突!」

ヨドンアイビーの種の発芽阻止に向けてオラディン王の力を借りようとしたが
ガルザの襲撃され封印されそうになっておりそれどころではない様子。
なので役割分担をし充瑠・為朝が小夜救出とヨドンアイビーの種破壊。
時雨・瀬奈・宝路は邪面獣を迎撃する。
ヨドンアイビーの種がある遺伝子研究室まで辿り着いた充瑠達だったが
そこに人質の小夜を連れてヨドンナが現れる。
武器を捨て何もできないかと思いきや突如キラフルゴーアローを召喚した充瑠
最終的には何もない上空に矢を放った充瑠だったがそれは狙い通りの作戦!

王妃と同じように他の石に意識を飛ばせる能力がある事を思い出した充瑠は
オラディン王に連絡しキラフルゴーアローに意識を飛ばしてもらい
矢にオラディン王の意識を宿し聖地アタマルドにいるガルザを奇襲するという作戦。
作戦は成功しダメージを負った隙をつきグレイトフルフェニックスに合体し地球へ。
ガルザも一緒に地球に戻ってきましたがオラディン王が連れてきた?
それともガルザが自らの意志でグレイトフルフェニックスにしがみついた?
あのままガルザ放置してきたら聖地アタマルドが火の海になっちゃうけど・・・。
4対4の巨大戦がスタートし、ジェットストリームアタックもどきの攻撃は
為朝による相性の良いロボで対処するという作戦で迎撃に成功!
ホント為朝って頼りになる存在だなと改めて思ったよw
ヨドンアイビーの種は分析結果によるとグレイトフルフェニックスの必殺技でも破壊不可能
そこで充瑠がヒラメきーんぐしオラディン王の意識を再びキラフルゴーアローに宿す。
するとキラフルゴーアローが巨大化したグレイトフルゴーアローで種を破壊!
これを見てミラクルギャラクティカバスターを思い出しました(笑)

途中まで作戦通りに進んでいたのに結局オラディン王に固執し過ぎて
充瑠達を甘く見たのがガルザの敗因になっちゃいました


ランキングに参加しています。
クリックしていただけるとありがたいです↓
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ

仮面ライダーセイバー 第12章(第12話) 感想

仮面ライダーセイバー 第12章(第12話) 「約束の、あの場所で。」

賢人が勝手な行動をしカリバーに挑んだ結果倫太郎に重傷を負わせてしまう・・・。
その件で芽依にも勝手な行動をした事を責められる。
勝手な行動しまくる芽依に言われるとは・・・(笑)

敵の罠だと知りながらも放置しておくわけにはいかないとワンダーワールドに突入する剣士達
飛羽真は突入前にストリウスとズオスによって阻まれてしまう。
賢人は眠っている倫太郎の元へ行き謝罪と自らの想いを告白する。
そこで明らかになった回想シーンに登場する女の子の名前がルナだという事。
それにしても・・・賢人は一人で背負いすぎ。悲壮感が半端ない・・・。
最後の「飛羽真を頼む・・・」って完全に後を託す人のセリフじゃん。

上條のいる場所にやって来た賢人。
15年前に今回のような出来事があり6冊の巨大な本の中心点であるこの場所で
世界を繋げる扉が開いていた。ここは飛羽真・賢人・ルナにとって約束の場所でもあった。
この事実も仲間達には報告せずにずっと秘めていたのかな?
一般人ならいいけど世界を守る剣士がそんな重要な事を組織に隠してるのはダメな気がする。
ゴールデンアランジーナに変身しカリバーに挑む!
圧倒的な力によって変身解除に追い込まれボロボロになったが
それでも諦めずに再び変身しカリバーに向かっていく。

1対2の状況でピンチに陥った飛羽真を救ったのは満身創痍で駆け付けた倫太郎。
ここは自分が引き受けるので賢人のところへ向かってほしいと。
「飛羽真君じゃなきゃダメなんです!」って叫びよかったな・・・。
倫太郎から賢人とルナとの約束という言葉を聞き全てを思い出した飛羽真。
3人の約束の場所へ向かうがそこにはカリバーの姿はなく横たわった賢人が。
飛羽真に抱き起されるが最後は力尽きて・・・。
その様子を遠くから見ていたタッセルと謎の男・・・。

まさか賢人が退場するとは・・・これって完全退場?
仮面ライダーでは後々復活して再登場的なパターンもありますが果たして・・・。
気になるのは

その場合賢人は別の聖剣を手に復活って可能性も・・・。
父親が裏切った理由を知り敵側として再登場ってのもありえる?


ランキングに参加しています。
クリックしていただけるとありがたいです↓
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ

魔進戦隊キラメイジャー エピソード32(第32話) 感想

魔進戦隊キラメイジャー エピソード32(第32話) 「小夜に首ったけ」

最近再会したアメリカ医大時代の同級生・日下と食事をする小夜
イケメンで遺伝子分野の若きスペシャリストと呼ばれている彼が何か言いたそう。
告白かも?という考えも頭の中にある小夜だったが
モジモジして言いそうで言わない状況が続く。
相手がせっかちな人なら「言いたいことがあるなら早く言え!」と怒られそうw

街にはナゾカケ邪面が出現するが小夜のデータの邪魔をしないように残りの5人が出撃
しかしナゾカケ邪面のなぞかけを解かないと攻撃が当たらない状況。結局逃がしてしまう。
こういうおバカ系の敵との戦いって青空の下ってのがスーパー戦隊の定番って感じがするので
夜に戦っているのが物凄く新鮮だったw

再び日下に呼び出された小夜は遺伝子研究室に案内されるとそこで
研究中の遺伝子操作プログラムを見せられる。最終段階だが謎が解けず未解決だった。
小夜のアドバイスのおかげでプログラムは完成するが研究中の種子が急成長し超巨大な種子に!
そこに現れたヨドンナ。これはヨドンアイビーの種で発芽すると
有害物質ヨドミウムをまき散らすという超危険なもの。
ヨドンヘイムの科学力の凄さにかなわないと悟った日下は
自分と小夜だけ助けてくれるという甘い言葉を信じヨドンに協力してしまった。
一般人なら圧倒的な力の差を知るとどうにか生き延びたいと思ってしまうのも仕方ないよね

キラメイチェンジャーを日下に預けた小夜がヨドン軍を食い止めている間に
連絡できる場所まで逃げ仲間達にこの危機を知らせてほしいと頼む。
この緊迫シーンの次がナゾカケ邪面とのなぞかけ勝負ってのが・・・(笑)

新たに得た力により魔進ハコブーを操ったガルザは聖地アタマルドへ向かいオラディンと対峙する。
ガルザによる最大の作戦が幕を開ける・・・。

今回はウルトラシリーズでお馴染みの田口監督が演出を担当。
[田口監督]と聞くと3人ぐらい頭に浮かんじゃうんだよな・・・。
一番最初に浮かんだのは旋風ケツがまだ一度も当たってないあの監督w


ランキングに参加しています。
クリックしていただけるとありがたいです↓
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ

仮面ライダーセイバー 第11章(第11話) 感想

仮面ライダーセイバー 第11章(第11話) 「乱れる雷、広がる暗雲。」

カリバーの正体が父ではなく先代炎の剣士・上條だと知り混乱する賢人
父に関する真実を知りたくて冷静さを欠いているのを見かねた倫太郎。
私情は控えるべきと助言するがその言葉に賢人が激高し対立してしまう。
ずっと裏切り者の息子という汚名を背負って生きてきたわけですからね
父親は無実で罪を着せられたかもしれないとなると冷静でいられなくなるのも仕方ない気もする。

6対のゴブリンメギドが出現し同時に6つのワンダーワールドが出現。
それに対処する為に現場に向かう剣士達だったが
ソフィアも芽依に謎の鍵を渡し留守を頼むとどこかに出かけてしまった。
部外者の芽依に大事な物簡単に預けるんだな。
まぁ、うるさいけど悪い奴ではなさそう・・・うるさいけどw(あえて2回言う)

玲花からカリバーの居場所を教えられ向かうとそこにはソフィアが。
その光景を見て裏で繋がっていて組織が父親に罪を着せたと言い出す。
冷静な判断ができない時って悪い方向にばかり考えが言っちゃうよね
真実を聞き出そうとカリバーに戦いを挑む賢人(エスパーダ)
ゴールデンアランジーナになるとエスパーダが優勢になったが
ここでカリバーに新たなワンダーライドブック
ジャオウドラゴンワンダーライドブックを使用!仮面ライダーカリバージャアクドラゴンに。
鉄仮面的な見た目だったのがより邪悪さが増した見た目に。
若干仮面ライダークローズに似てるような気もするけど
クローズのデザイン大好きだから個人的にはOK(笑)
そして戦いを見守っていたソフィアは謎の煙によってどこかに連れ去られてしまう。
絶対あの場にいた人誰もソフィアいなくなったの気づいてないと思うw

ジャオウドラゴンの圧倒的な力に敗北した賢人はトドメを刺されそうになるが
身を挺して賢人を庇った倫太郎は強烈な一撃を食らい血を吐き倒れてしまった・・・。
セイバーや剣斬がゴブリンメギドを倒すと赤と緑の光を放つ光の柱が出現。
6つのワンダーワールドに光の柱を出現させて何かを起こすのが敵の狙いでしょうね。

カリバーがずっと言っていた「真理」というワード・・・気になりますね。
あとタッセルが出迎えた人物は一体誰なのか・・・劇場版に出てくるあの人だったりする?


ランキングに参加しています。
クリックしていただけるとありがたいです↓
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ

魔進戦隊キラメイジャー エピソード31(第31話) 感想

魔進戦隊キラメイジャー エピソード31(第31話) 「おもちゃ」

邪面獣ピンチインアウトダガメスが街に現れたが充瑠・宝路以外の4人は仕事に戻ったので
2人でキラメイジンとギガントドリラーで迎え撃つが
特殊なビームを浴びてしまい小さくなってしまった。
そこを偶然通りかかった小学生・龍生が拾い家に持ち帰ってしまう。
これ普通に落ちてた玩具パクっただけだよな・・・
結果的にヨドン軍の手に渡らなかった良かったけどさ・・・(笑)

家に持ち帰った龍生は魔進達を使ってごっこ遊びを始める。
昔の自分をこういう事やってたんだろうなと少し懐かしさを感じるシーンでした。
偶然変形できる事に気づいてキラメイジンとギガントドリラーを完成させてましたが
逆方向に曲げたりして折らなくてよかった・・・。

龍生が寝ている隙に立ち去ろうとした魔進達でしたが充瑠がストップをかける。
母親と話していた龍生の様子を見てずっと気になっていた充瑠はおもちゃロボとして話しかける。
母子家庭で一人での留守番が寂しいが母親を安心させる為に作り笑顔をしていた・・・。
そこで充瑠は充瑠らしいアドバイスを龍生に贈る。

サプライズ的に帰宅した母親は魔進達を見て龍生がどこからが盗んできたと思い込む。
そりゃ見た事もない玩具息子が持ってたらパクってきたと思うわな普通。
まぁ、実際に落ちてたのパクってきたんだけどねw
その場を宝路に任せ充瑠&キラメイジンは博多南の元へ。
キラフルゴーアローを元の大きさに戻してもらい魔進オラディン達を召喚!
イエローとブルーが乗り込み邪面獣を撃破!
今回の一件で母親に素直な気持ちを言えるようになりめでたしめでたしって感じで終了。


ランキングに参加しています。
クリックしていただけるとありがたいです↓
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
ギャラリー
  • S.H.Figuarts (真骨彫製法) 仮面ライダーパンチホッパーが到着しました!
  • S.H.Figuarts (真骨彫製法) 仮面ライダーパンチホッパーが到着しました!
  • S.H.Figuarts (真骨彫製法) 仮面ライダーパンチホッパーが到着しました!
  • S.H.Figuarts (真骨彫製法) 仮面ライダーパンチホッパーが到着しました!
  • S.H.Figuarts (真骨彫製法) 仮面ライダーパンチホッパーが到着しました!
  • S.H.Figuarts (真骨彫製法) 仮面ライダーパンチホッパーが到着しました!