仮面ライダービルド 第5話 「危ういアイデンティティー」

放送時間が変わって初めての放送!
冒頭のあらすじも初めて観た人でも分かるように少し長め。


何故石動がパンドラボックスのパネルを持っているのかを問い詰める戦兎
石動はファウストに捕まった美空を助ける時に奪ってきたと答え
ファウストはスマッシュの成分を浄化できる美空の力を今も狙っているらしい。
石動は火星でパンドラボックスを発見した宇宙飛行士で
パンドラボックスに触れスカイウォールの惨劇を引き起こした張本人。
しかし本人は火星の影響でおかしくなっていて
何故あんな行動をとったのか自分でも理解できないと...。
ボトルの力を正しく使いファウストを倒すという思いを戦兎に託し
戦兎に研究所の仕事を勧めたのもパネルの存在を気づかせ
真実を告白するチャンスを作ろうとしたから...。

引っ張りそうだなと予想してた謎が結構あっさり明かされました。
戦兎は石動の言葉を信じて受け入れたようだけど
まだ何か戦兎に伝えてない秘密がありそうだなぁ~(笑)


ついに見つかった戦兎の過去を知る人物!
立弥という男によると、戦兎の本当の名前は佐藤太郎
立弥と一緒にごみ屋敷のようなアパートに住み[ツナ義ーズ]というバンドをしていた。
佐藤太郎・・・桐生戦兎からの落差が激しい超平凡な名前・・・
新薬を試すバイトに行った日と石動に拾われた日が同じ9月5日

戦兎(ビルド)の前に現れたブラッドスターク
ビルドを分析・力を試すかのような手加減をした戦い。
軽い感じが何とも憎らしい...いいキャラしてますね、正体が気になる...

立弥と龍我の会話で龍我が冤罪だと知ると、その場から慌てて出て行った立弥
これって冤罪事件に戦兎(佐藤太郎)や立弥が関係してるって事?

スマッシュの目撃情報から現場に向かった戦兎は再びブラッドスタークと遭遇
スタークからプレススマッシュの正体が立弥だと知らされ激怒した戦兎(ビルド)
怒りで前回の戦闘時より力が増していたビルド。それを確認し去っていくスターク。
やっぱり現段階ではビルドを試している感じですね。

龍我の援護がありプレススマッシュを救出したビルドは元に戻す為に一騎打ち
またしても龍我が発見した新たなベストマッチ・ニンニンコミックに変身!
コミック要素の頭部の角のモチーフはペンなんですね。
コミック+忍者だと...NARUTOを連想しちゃうなぁ~(笑)
立弥も元に戻り一件落着かと思いきや戦兎を気絶させ
立弥から抜き取った成分を再び立弥に戻しスマッシュにした龍我
全てはファウストのアジトを突き止め自分の冤罪を晴らす為。
スマッシュになってしまった彼女の最後を目撃したにも関わらず
人間に戻れた立弥を再びスマッシュにするのはどうかと思うけどなぁ~


次回予告で「俺の体を返せ!」という台詞がありましたが
もしかして体は佐藤太郎だけど中身は別人なのかな?・・・中身は葛城だったりする?


仮面ライダービルド DXニンニンコミック フルボトルセット(おもちゃ)
仮面ライダービルド DXニンニンコミック フルボトルセット(おもちゃ)

仮面ライダービルド 忍術発動 DX4コマ忍法刀
仮面ライダービルド 忍術発動 DX4コマ忍法刀

ランキングに参加しています。
クリックしていただけるとありがたいです↓
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ