仮面ライダービルド 第13話 「ベールを脱ぐのは誰?

記憶が戻った鍋島からの電話で龍我に罪を着せるよう指示した人物を知った戦兎
一人にしてくれと秘密基地に閉じこもる...。
罪を着せるように支持していたのはブラッドスタークだった。

難波会長にライダーシステムの導入を白紙に戻され焦る幻徳
スタークを呼び出しパンドラボックスの隠し場所を聞きだそうとするが戦闘に。
トランスチームシステムはライダーシステムと違いレベルが一定のままのシステム
なので能力的には同じ2人だが、ここで経験の差がでてスタークに軍配が。
百戦錬磨というか常に余裕を感じますからねスタークには。
ここでスタークの口から難波重工の新たなパートナーが自分である事が明かされる。
失態続きの幻徳を見限ったスタークを選んだか・・・って
失態の原因はスタークが勝手な行動ばかりして幻徳の邪魔したからだよなw


戦兎と石動の会話の中で出会った頃の話になり、回想シーンではビルドへの初変身シーンが。
ビルドドライバーに後付けされたベストマッチ判定機能がまだなかった時なので
お馴染みの「ベストマッチ!」の音声がなかったですね(笑)

色々振り返り石動・美空とは家族のような絆がある事を再認識した戦兎。

幻徳からパンドラボックスの在り処を知らされる戦兎は
罠だと知りながらもスタークと会えるチャンスだと行く事を決意。
ここで戦兎と龍我が初の同時変身!やっぱり同時変身は熱いね!
スタークと遭遇し闘うビルド&クローズだったが攻撃が見切られて劣勢に。
そこで美空に密かに頼んで浄化してもらった20本目のフルボトル
オクトパスフルボトルを使用し新たなベストマッチ・オクトパスライトに変身!
スタークが知らないベストマッチで形勢逆転、スタークは撤退する。
これで全てのボトルが浄化され目的は達成されたという言葉を残して...。

パンドラボックスを持ち帰り皆で祝勝会!
バイトから帰って来た石動も加わり寿司やピザを食べ皆でワイワイ!
・・・して寝静まった夜、パンドラボックスとフルボトルを持ち出そうとする人物が。
その人物とは・・・石動惣一。その動きを察知していた戦兎がカウンターで待っていた。
記憶が戻った鍋島からの電話でスタークの正体が石動である事を知っていた戦兎は
その確証を得る為に石動に存在を知られていない新たなフルボトルを使い
スタークがどう対応するかを確かめていた。
アンタがスタークなのか?!という問いに笑みを浮かべた後に店から飛び出していく石動。
慌てて追いかけている戦兎!・・・というところで次週へ続く!

ブラッドスターク=石動惣一。噂通りというか予想通りというか。
もうひと波乱あるのかないのか...気になりますねぇ~
戦兎にとっては記憶を失った自分に生きる目的を与えてくれた恩人。
それが全て仕組まれた事だったとは・・・早く続きが観たい!

バンダイ 仮面ライダービルド 【DXオクトパスライトフルボトルセット】
バンダイ 仮面ライダービルド 【DXオクトパスライトフルボトルセット】

ランキングに参加しています。
クリックしていただけるとありがたいです↓
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ