機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第15話 「足跡のゆくえ」

何だか色々と切ないお話でしたな。
ビスケットの兄・サヴァランのやった行動は鉄華団からすれば非道な行いですが
根本は組合員やスラムの住人を何とか守りたいという想いから。
サヴァラン本人も正しい方法ではない事は承知しているんでしょうけど
もう手段を選んでられないぐらい追い込まれてたんでしょうね。
それにしても過去の境遇で免疫があったとはいえ、アトラの根性には恐れ入りました。
2人を助けに来た三日月がアトラの怪我を見て、一瞬殺し屋の目になりましたね。

謎(視聴者にはバレバレ)の仮面男からクーデリアに告げられた真実。
騒動の黒幕はクーデリアの支援者・ノブリスでフミタンはノブリス側の人間。
まさか得体の知れない変な仮面の男に教えられるとは(笑)

今回もガンダムの戦闘シーンなかったけど個人的には全然問題なかった。
次回のサブタイトルが[フミタン・アドモス]...不吉過ぎるサブタイ...

バンダイ ROBOT魂 (SIDE MS) 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガンダムキマリス【5月予約】
バンダイ ROBOT魂 (SIDE MS) 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガンダムキマリス【5月予約】

ランキングに参加しています。
クリックしていただけるとありがたいです↓
にほんブログ村 アニメブログへ