仮面ライダービルド 第37話 「究極のフェーズ」

戦兎の身体を乗っ取りエボルラビットフォーム(フェーズ3)に変身したエボルト
龍我は戦兎を取り返す為に変身しようとするが体内のエボルトの遺伝子は
エボルトによって吸収されており変身できなくなってしまっていた。
グリスが立ち向かうが全く歯が立たず
変身解除時に黒いドロっとした物体がありましたが、あれはロボットゼリーの中身?
中身出ちゃったから変身できないんじゃ・・・と不安になりましたが
後で何事もなく変身してましたね(笑)jhjh
パンドラボックスに狙いナシタに向かおうとするエボルトを察知したベルナージュは
ナシタを丸ごと別の場所に転移。・・・移転ですねw

龍我はもう一度仮面ライダーになる為に幻徳に人体実験を依頼
しかし科学の事はさっぱり分からないと拒否される。
「研究所の所長だったんだろ?」という龍我の素朴な疑問に
「親父のコネだ」と返す幻徳(笑)
一緒に戦ってほしいと頼む龍我には「俺にはできない」という返答。
ライダーシステムを使って戦うには特定の閾値を超える強い思いが必要だが
幻徳にとってそれは父親に国を託す事だったが父親を失い戦う理由を見出せないでいた。

戦兎の人格を人質にパンドラボックスの引渡しを要求したエボルト
護衛兼エボルトの監視役は鷲尾兄弟。久しぶりだな、今まで何してたの?(笑)
グリスのピンチに駆けつけたローグ
自分には国をまとめる資質も資格もないが国がまとまる礎を築く事はできると。
愛と平和の為に・・・それが幻徳(ローグ)の新たな戦う理由。

エボルラビット相手に苦戦するグリス&ローグ
龍我は隙をついてドラゴンエボルボトルを奪いそれを握り締め攻撃を仕掛ける。
ボトルを握って生身で戦闘・・・番組初期はよく見ていて光景、懐かしいぜ!
全く歯が立たず何度倒れボロボロになっても立ち上がり向かっていく龍我
すると序々に攻撃が効き始め、ドラゴンエボルボトルの色が金色に変化!
駆けつけたクローズドラゴンにそのボトルを挿すとクローズドラゴンの色も変化!
それを使い変身する事に成功!仮面ライダーグレートクローズ
クローズにエボルカラーが加わった感じの見た目
仮面ライダーの名前にグレートが付くのは初めてかな?
(一応ゴーストにグレイトフル魂はあるけど)

このままグレートクローズでいくと思いきやクローズマグマに変身。
能力的にはグレートクローズ < クローズマグマって事か?
クローズ・グリス・ローグが3人同時のライダーキックを放つが
エボルはそれをエボルトリガーで受けとめエネルギーを吸収し復活させる
そしてついに完全体である究極のフェーズ・エボルブラックホールフォームに
個人的にはエボルコブラの見た目が一番好きだったんだけどな・・・

エボルから開放された戦兎に駆け寄る龍我
意識を取り戻した戦兎は自らを葛城巧と名乗る・・・。
まさかここで葛城巧の記憶が戻るとは!やってくれたな!
桐生戦兎と葛城巧、同一人物ではあるが別人。
幻徳にとってはかつての同志が戻ってきた事になりますね。

ランキングに参加しています。
クリックしていただけるとありがたいです↓
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ