仮面ライダービルド 第41話 「ベストマッチの真実」

対峙するジーニアスフォームと仮面ライダーエボル
エボルへの勝利の法則は・・・完全体になる前に倒す!
ズルい気もするが強いから仕方ない(笑)
必殺技を受け変身解除させられたエボルトだったが
これをキッカケに新たな感覚が生まれたようで喜びながら去っていった。

葛城忍が礼香に息子を知る者が訪ねてきたら渡してほしいと預けたUSBメモリ
その中にはライダーシステムに関する詳しいデータが。
エボルドライバーを参考にし作られたのがライダーシステム
そして忍が開発した人口のボトル・ロストボトルは人間を好戦的にし
黒い状態のロストボトルを10本揃えると既知の物理法則を超える現象が起こる
既知の物理法則を超える現象?・・・漠然として予想が全くできんw

これまでのエボルトの行動を振り返り整理していく戦兎達
個人的にあらすじ紹介のノリが長々続いて結構キツかった・・・
戦兎と龍我が出会ってからスマッシュにされた人達は全員2人に関係している人達だった
しかし第1話に登場したスマッシュだけは関係性を見つけられないので調査開始。
第1話の冒頭で紗羽を襲ってビルドに倒されたスマッシュいたけどあれは?と思ったが
対象が[戦兎と龍我が出会ってからスマッシュにされた人達]なのであれは対象外か。

紗羽の調べで第1話のスマッシュ・志水が葛城忍の教え子だった事が判明
アポをとり接触した戦兎だがスタッグロストスマッシュになり襲い掛かってきた志水
ネビュラガスを中和する力で志水を救ったビルドは父・忍について詳しく聞こうとしたが
エボルの攻撃により消滅する志水・・・

ビルド(ジーニアスフォーム)対エボル(ブラックホールフォーム)はエボルが優勢
ビルドをロストスマッシュにしようとロストボトルを成分を注入するエボルト
しかしジーニアルフルボトルの力で成分を中和!
最後に葛城巧はスゲー発明品置いていきましたね(戦兎の中に存在はしてるけどね)
今後はビルドがエボルを追い込んでいくが
感情を手に入れたエボルは下等な生命体と見下していた人間に追い込まれ
怒りが爆発しハザードレベルを上げビルドを圧倒し始める。
完全体なのにさらに強くなる要素が増えたとか・・・厄介な相手だなホント・・・。
ビルド(戦兎)に究極の絶望を味わわせるといい去っていったエボル
アジトに戻り計画を早めると告げたガスマスクの科学者の正体は・・・葛城忍

次回予告でもう一人のビルド(ラビットタンク)がいましたがあれは葛城忍
もしそうなら仮面ライダーに変身した時点でパンドラボックスの光の影響なくなるので
正気に戻ってる可能性があるんですが果たして・・・


ランキングに参加しています。
クリックしていただけるとありがたいです↓
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ