仮面ライダージオウ EP18(第18話) 「スゴイ!ジダイ!ミライ!2022」

仮面ライダーウォズによって倒されたアナザーシノビだったが
スウォルツによって復活し撤退する
クジゴジ堂で状況を整理するソウゴ達。
そこでソウゴの提案により2人存在しているのでややこしいウォズを
黒ウォズ・白ウォズと呼び分かり易くする事に。
公式サイトやファンだけではなく劇中でもこの呼称使われるのか。
緊迫感あるシーンで言われるとちょっと微妙かな?と思うが
子供にも分かり易いしいい判断だと思います。

仮面ライダーシノビは2022年に誕生する仮面ライダー
アナザーシノビを倒すにはシノビライドウォッチが必要になる
2022年に向かったゲイツ達だったが辿り着けず失敗
オーマジオウが存在する未来・存在しない未来、2つの未来で揺れ動いているのが原因
ゲイツ達には無理だったがスウォルツは存在しない未来に行けるみたい
タイムジャッカーだからなのか、それともスウォルツだけが特別なのか・・・。

白ウォズの仕掛けた罠だと黒ウォズから忠告されるソウゴだったが
蓮太郎を救う為に自ら罠に飛び込む。
最近はどれだけ進言・忠告しても全然ソウゴに聞き入れてもらえないし
周りは皆未来を変えようと動いてるしちょっと黒ウォズ不憫・・・(笑)

ジオウ対アナザーシノビのバトルではソウゴが熱く蓮太郎に呼びかけに
蓮太郎の心が動かされついにアナザーシノビになる事を拒否
結局再びスウォルツによって変えられてしまったが
これにより仮面ライダーシノビになる資格を手に入れ
シノビミライドウォッチが誕生する機会が生まれる。
全ては白ウォズの計画通りに進む、本に「シノビウォッチが生まれた」と書き込むと
持っていたブランクミライドウォッチがシノビミライドウォッチに変化。
かなりチートな白ウォズが持つ本だが書けばなんでも実現するって事じゃなく
ある程度ルールは存在してそう。もしないのなら今回こんな面倒な事してないはずだし。

仮面ライダーウォズに変身した白ウォズはアナザーシノビとバトル
そこで手に入れたばかりのシノビミライドウォッチを使用し
仮面ライダーウォズ フューチャーリングシノビに!
フィーチャリングではなくフューチャーリング。気をつけないと間違えそう・・・。
アナザーシノビを倒し去っていく白ウォズ
蓮太郎を救えた事は嬉しいがこれはオーマジオウが存在しない未来に近づいた事になる

ゲイツ・ツクヨミに接触した白ウォズ
白ウォズによるとオーマの日にその時代には存在しない3つのライドウォッチを納めし戦士が
オーマジオウの野望を打ち砕き新たな時代を作るらしい・・・
シノビミライドウォッチを渡そうとするがそれをお前を信用していないと拒否するゲイツ
そして自らの力でジオウを倒すと宣言。
オーマジオウの存在しない未来が近づいてるけどそれが実現すると
存在する未来で生まれたゲイツやツクヨミは消滅する可能性あるよね?
2人はそれを覚悟のうえで過去にやって来ていると思うけど・・・。
次週は新たな未来の仮面ライダーが登場?ヒロム!ヒロムじゃないか!
「シャットダウン」や「ニワトリ」みたいなワードが出てきたら嬉しいなw
あと仮面ライダーシノビが主人公のスピンオフ決定しましたね・・・楽しみ!


ランキングに参加しています。
クリックしていただけるとありがたいです↓
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ