快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー
第47話 「今の僕にできること」

国際警察は魁利達がパトレンジャーだと確信しているが
咲也だけは彼ら3人を信じたいと快盗だという証拠を掴む為ではなく
快盗じゃないという証拠を掴む為初美花をデートに誘う。
じゃない証拠を掴む為ってのが咲也らしくていいね!
初美花の過去について踏み込む質問をしてきた咲也に
デートを見守っていた魁利と透真が自分達が快盗だと疑われている事に気づく
咲也が願い出ていなければもっと秘密裏に捜査していたかもしれないから
魁利達が疑われている事に気づけたのは咲也のおかげですね

タイミングがいいのか悪いのかギャングラーが出現し咲也は現場へ。
咲也の自分を疑わず信じてくれているような優しい言葉に初美花に罪悪感が募る
やっぱり透真が言う通り近づき過ぎた感ありますね・・・

聞き覚えがある口笛・・・ザミーゴを発見する魁利
そういえばザミーゴの人間体知ってるの魁利だけでしたね。
圭一郎はこの氷を食べて歩く男という存在は知っていますが
それが正体がザミーゴだという事は知りませんから。
個人的にルパパトの面白いと思う点のひとつは
快盗と警察。片方は知ってるけどもう片方は知らないってのがある事。
例えば化けの皮は大量失踪事件の被害者から作られてるとか。

因縁の相手・ザミーゴを倒す為戦いを仕掛けるルパレンだったが
ゴーシュに改造してもらい新たに金庫が増えコレクションも与えられたザミーゴは
コレクションの力で身体を液状化する事が可能になっており
未来予知の力を持っていてもなお太刀打ちできない存在になっていた。
先にコレクションを奪おうとするも近づくことさえままならない状況。
結局ザミーゴは戦いを楽しんで去っていった・・・。
向こうの攻撃は直撃すれば一発でアウト、こっちの攻撃は効かない。
近づこうにも近づけないし・・・どうすりゃいいの・・・
あと個人的にシザーシールドが未だに有効利用されてるのが嬉しい

街ではゴーシュが大暴れ!立ち向かうパトレンたが圧倒的な力に倒れていく
このままでは街も圭一郎達も守れないと思ったノエルは
ゴーシュに自ら提案し犠牲になる事を選ぶ。
圭一郎達に自分の素性を明かし、持っているコレクションを全て預けた後
ゴーシュに連れ去られるノエル・・・

正体バレが近づいているようなのでワクワクした気持ちがありますが
ようやくギャングラー側も面白い展開になってきた感も。
ゴーシュやザミーゴはボスの座に全く興味ない様子
デストラもボスの座よりドグラニオの為にって感じだったし
自分が築き上げてきた物を誰も受け取ってくれないって結構悲しいよな・・・
残り話数も少ないしここから見逃せない展開が立て続けにやってくるぞ!


ランキングに参加しています。
クリックしていただけるとありがたいです↓
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ