仮面ライダーゼロワン 第11話 「カメラを止めるな、アイツを止めろ!」

ドラマからの降板を訴える大和田伸也を或人が必死に説得
或人の熱い言葉に大和田の考えに変化が・・・。
撮影現場では滅によって暴走させられたエンジがアルシノマギアになり大暴れ
この役者さん、インベスに続き今度はマギアに・・・(笑)
迎え撃ったのはバルキリー・ライトニングホーネットに変身した唯阿
駆け付けた或人は滅とのバトルに突入するが劣勢に。
バイティングシャークにアタッシュカリバーってあんま似合わないなw

バルキリーによって撃破されたアルシノマギア(エンジ)
アルシノゼツメライズキーをバルキリーに回収されたしまった滅だったが
奪い返すこともなく、逆にそれを見届けてから撤退・・・
滅亡迅雷.NETにとって狙い通りの展開なのか?

セットも破壊され途方に暮れる或人、ドラマ制作は中止の方向で進むかと思いきや
或人の言葉をキッカケに考えを変えた大和田伸也によってドラマ制作続行の流れに。
しかも新たな個体となるエンジに自ら演技指導をするとまで言ってくれた。
撮影が再開され現場を見守る或人の元に現れたのは唯阿
案内された場所はAIや宇宙開発などテクノロジー事業を扱うZAIA
唯阿はZAIAの社員でA.I.M.S.へは技術顧問として出向しているだけだった。
そして飛電インテリジェンスとZAIAは昔ヒューマギア運用プロジェクトを共同開発していた。
予想外だったのはZAIAの方が飛電インテリジェンスより巨大な会社だという事
てっきり飛電インテリジェンスが1位で虎視眈々と逆転を狙っている2位がZAIAだと・・・。

社長室でZAIAエンタープライズジャパン代表取締役社長・天津 垓と対面した或人
新米社長とやり手の敏腕社長って感じの対比が凄いw
そこで垓の口から[飛電インテリジェンスを売ってほしい]という驚くべき言葉が。

拳銃で撃たれるシーンを撮影した大和田伸也
迫真の芝居!・・・かと思いきや滅に指示された暗殺ちゃんによって本物の拳銃で撃たれていた。
ヒューマギアに撃たれたと騒然となる撮影現場・・・
暗殺者としてのスキル向上のおかげもあるんだろうけど
撮影現場に簡単に入り込まれるA.I.M.Sの警備・・・(笑)

撮影現場に駆け付けた或人
監督の「ヒューマギアは殺人マシンだ!」という言葉に唇を噛む
ヒューマギアの評判がどんどん悪くなっていってるな・・・
普通なら製造中止とかになりそうなもんだけど
もうヒューマギアいないと社会が成り立たないレベルに普及してるのかな?

或人は現れた滅と変身してバトル。諫は暗殺ちゃんとバトル
ラーニングし成長した暗殺ちゃん(ドードーマギア)に圧倒されダメージにより変身解除
もう暗殺ちゃんって呼べないな・・・暗殺さんだこれ・・・
劣勢のゼロワンも現状最大戦力のブレイキングマンモスで必殺技を放ったが
全く効いてない様子の滅。余裕を見せながら撤退していく。
ちょっと今のままじゃ歯が立たないなこりゃ・・・。

大和田伸也は一命を取り留めたが今回の事件が世間に与えた衝撃は凄まじく
ついに警察は飛電インテリジェンスへの強制捜査に乗り出す。
最近お笑い芸人要素が全然出せないぐらい飛電インテリジェンスにとって逆風吹きまくり
ここからイメージアップとか出来るのか?


ランキングに参加しています。
クリックしていただけるとありがたいです↓
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ