仮面ライダーゼロワン 第12話 「アノ名探偵がやってきた」

大和田伸也暗殺未遂事件を調べる警察は唯阿からのチクりにより
社長室にある秘密のラボへの立ち入り捜査をする為にやって来た。
まぁ、上からの命令だから仕方ないんだろうけど唯阿め・・・
新しいプログライズキーを作成中の為入られては困る或人は
何とか立ち入りを拒否したいがいいアイデアが浮かばずピンチに。
あの態度じゃそりゃ怪しまれるわな。暗殺ちゃん隠してると思われたかもしれんw

そこに現れたのは旧世代型ヒューマギア ワズ・ナゾートク
ワズの機転により何とかその場のピンチを回避した或人
まさか変身してその場から逃亡するとは思わなかったよ(笑)

ワズはヒューマギアを狙う陰謀に気づいた先代社長・是之助が
自らの片腕として製造した探偵型ヒューマギアでイズのプロトタイプ
事態が悪化した時に新社長とイズを助ける為に目覚めるように長い眠りについていた。

イズ&ワズは犯人の正体を掴む為に捜査し、或人は新しいプログライズキーが完成するまで
警察とA.I.M.S.を引きつける役目を担当。
例え無罪だったとしても警察から逃亡するってどう考えても心証悪いよなw

滅亡迅雷.netでは暗殺ちゃんがついに反旗を翻す。
ヒューマギアは成長していくと造反する可能性があるって事ですよね・・・。
問題は滅亡迅雷.netを抜けて暗殺ちゃんが何をするつもりなのか。

共に捜査するがワズが下町を遊んでだけなように感じたイズは不信感を募らせる。
しかし捜査はしっかりしていたワズ。今回の件に関係している窃盗団を拘束。
諫が車を変身して殴って止めてましたけどワズの指示があったとはいえ
何の確証もないのにいきなり通りすがりの車を変身して殴って止めるって
普通に考えたらかなりヤバイ行為だよなw

窃盗団はヒューマギアを盗んで改造し安く売りさばくという集団で
暗殺ちゃんも元はイベント用和風舞踏ヒューマギア・祭田ゼット
同型が1号から5号存在したが全て窃盗団に盗まれてしまい
データ管理用IDや顔の皮膚を変えられたが滅亡迅雷.NETが5体中4体を強奪して今に至る。
まさか暗殺ちゃんにこんな細かい設定があったとは・・・。

現存している同型機・5号に目をつけたワズ達だったがそこにドードーマギア改も現れた。
自分を4号だと言って語り掛けるが何の目的で現れたのか。消す為か仲間にする為か・・・。
バルカンと駆け付けたゼロワンが2人で立ち向かうが全く歯が立たない
そこでイズが完成した新しいプログライズキーを取りに行きゼロワンの元へ。
しかし不安を感じたワズはそれではなくブレイキングマンモスを使うように助言するが
結果的に或人が選んだのは新しいプログライズキー
変身シークエンスの上にキーを掲げて捻ってロックを開ける演出いいね!
誕生したのは仮面ライダーゼロワン シャイニングホッパー
ライジング、そしてシャイニング・・・クウガとアギト?もしくはGガンダム?(笑)
変身音は何言ってるのか全く聞き取れんw

最後変身だけして次回に続かれるとモヤモヤしますね。早く続きが観たよw


ランキングに参加しています。
クリックしていただけるとありがたいです↓
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ