魔進戦隊キラメイジャー エピソード43(第43話) 「汚れた英雄」

処刑される前にオラディン王を助けようとヨドンヘイムに乗り込む決意をする充瑠達
その為にはクランチュラの協力が必要。宝路の協力要請(ほぼ脅し)は拒否されていたが
充瑠が頼むと・・・OK!充瑠は通じ合ったクリエイター同士だからというのが理由。
理由が助けられたからという借りを返すみたいなのではなく通じ合ったからってのが良いね
ヨドンヘイムに到着した後に逃亡しましたが何だかんだでまた力貸してくれるような気が(笑)

ロードガルザによるオラディン王の処刑方法はバスラに食べさせる事。
わざわざ自身の力でオラディン王を戻れないはずの人の姿に戻す。吸引力に必死の抵抗を見せる王。
充瑠達が駆けつけるが後先考えず飛び込み自分の吸引されながらオラディン王のガルザを話を。
ガルザはクリスタリアの伝説の英雄に素質があったが今は違う。
充瑠に正しきひらめきで悪を倒してくれと。
喰われそうになっているのに「俺、頑張ります!」じゃねーよ(笑)
でも充瑠らしさが出てて良かったw
充瑠が喰われそうになったところにロードガルザが戻ってきて充瑠を連れ去る。

充瑠対ロードガルザの一騎打ちになるがガルザの技に刺激され新たなひらめきを生む充瑠。
本当はガルザを倒したくなく一緒に絵を描きたいという素直な気持ちをぶつける。
ガルザはオラディンと一緒に絵を描き兄が大好きだった事を思い出す。
そんな自分が何故兄を憎み亡き者にしてクリスタリアを滅ぼしてしまったのかと・・・。

その真相は復活したヨドン皇帝から明かされた。
クリスタリアを滅ぼそうと計画していたヨドン皇帝。
クリスタリアの英雄となりうるオラディン・ガルザを脅威に感じていたので
ガルザに憎しみを植えつけオラディンを憎むように仕向けていた。
兄への劣等感などが蓄積されヨドン皇帝により増大させられた的な闇堕ちとかじゃなく
負の感情がない真っ新な状態からの洗脳的闇堕ちだったんですね。

兜を脱ぎ捨てヨドン皇帝に立ち向かったガルザだったが歯が立たず。
最終的には強烈な一撃を受け大爆発してしまう・・・。
でもガルザが考え無しにヨドン皇帝に突っ込んでいったとは思えないんだよなぁ~。
キラキラしてたしガルザのあの攻撃は何か意味があったと思いたい。
それがヨドン皇帝撃破への布石となっているといいね。

ヨドン皇帝の攻撃により谷底へ落下していった充瑠。
最後の映像が落ちた遊園地のチケットってのがいい演出だなと思いましたw

あと2話?マジか・・・ガルザも魔進に転生して味方になるとかないかな?


ランキングに参加しています。
クリックしていただけるとありがたいです↓
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ